ごあいさつ

古い経営者はシェアを求める。
新しい消費者は自分を求める。
自分のオリジナリティ、オンリーワン・バリューを高めようとする。
日本の消費者は価格の安さを超える欲求を持っている。
高質のオンリーワン・バリューを評価し、育てる特別の資質を持っている。

だから、企業は常に新しい価値を開発し、提案し続けなければならない。
日本の消費と日本の経営は、世界を超える可能性を持っている。

21世紀は、自然との共存を理念とする、アジア、泥の文明の世紀でもある。
日本とアジアの最新・最高の展開を踏まえて、例外と異常値の中の真実と法則を追求し、最新・最高の哲学とマーケティング・スキルを日本の若いビジネス・ピープルに、全人格的に伝授しようとする日本マーケティング塾。
850人を超えるOBがそれぞれの企業で責任ある地位につき、活躍していることを誇りに思っています。

今、日本マーケティング塾は、大きな使命、大きな可能性を持っています。